地方選挙の実施と選挙情勢・開票速報・開票結果について

現行、当ブログがニュース配信する内容は、選挙日程及び投票率、立候補者名簿一覧による告示届出・当選者・落選者別の得票数、候補者の公約や情勢等となります。

なお、これらの配信内容は現行、以下の選挙の種類別に配信しています。

種類別地方選挙の開票速報と開票結果

市議会議員選挙の開票速報と開票結果

市議会議員選挙(市議会選挙|市議選)の開票結果と開票速報【選挙日:2020年(令和2年)】2020年(令和2年)実施の市議会議員選挙(市議会選挙|市議選)の開票結果速報や立候補者の情勢予測と公約・出口調査等についてまとめた記事を投票日(選挙期日)別に一覧表にまとめています。...

町議会議員選挙の開票速報と開票結果

町議会議員選挙(町議会選挙|町議選)の開票結果と開票速報【選挙日:2020年(令和2年)】2020年(令和2年)実施の町議会議員選挙(町議会選挙|町議選)の開票結果速報や立候補者の情勢予測と公約・出口調査等についてまとめた記事を投票日(選挙期日)別に一覧表にまとめています。...

市長選挙の開票速報と開票結果

市長選挙(市長選)の開票結果と開票速報【選挙日:2020年(令和2年)】2020年(令和2年)実施の市長選挙(市長選)の開票結果速報や立候補者の情勢予測と公約・出口調査等についてまとめた記事を投票日(選挙期日)別に一覧表にまとめています。 ...

町長選挙の開票速報と開票結果

町長選挙(町長選)の開票結果と開票速報【選挙日:2020年(令和2年)】2020年(令和2年)実施の町長選挙(町長選)の開票結果速報や立候補者の情勢予測と公約・出口調査等についてまとめた記事を投票日(選挙期日)別に一覧表にまとめています。 ...

全国地方選挙の開票速報と開票結果

地方選挙の開票結果速報20202020年(令和2年)実施の地方選挙の開票結果速報について、投票日(選挙期日)別に区分けし、市区町村長(首長)選挙と議会議員選挙別に一覧表にまとめています。...

都道府県別選挙の開票速報と開票結果

北海道ブロック

北海道

東北ブロック

青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

北関東ブロック

茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県

南関東ブロック

千葉県 神奈川県 山梨県

東京ブロック

東京都

北陸信越ブロック

新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県

東海ブロック

岐阜県 静岡県 愛知県 三重県

近畿ブロック

滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

中国ブロック

鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県

四国ブロック

徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州ブロック

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

直近選挙の開票速報と開票結果

2020年3月29日が投票日の選挙


▼▲ ここをクリックで開閉します

2020年3月23日が投開票の選挙

2020年3月22日が投開票の選挙


▼▲ ここをクリックで開閉します

2020年3月15日が投開票の選挙


▼▲ ここをクリックで開閉します

地方選挙の実施と選挙情勢・開票速報・開票結果について

選挙への投票に参加した有権者にとっては、言うまでも無く、一票を投じた候補者の当選・落選は一刻も早く知りたい一大事です。

選挙の当選落選については、基本的に、投開票終了後の票の集計が完了した段階で明らかになりますが、それ以前の様々な選挙戦の情勢も、当選・落選を占い予想する上で早く『知りたい』と考える情報と言えます。

これをまとめると、選挙に一票を投じる有権者の「選挙への関心」は、『投票前の選挙戦の情勢』⇒『開票速報』⇒『開票結果』という流れの中に生まれるものであることがわかります。

具体的には、『投票前の選挙戦の情勢』とは、候補者の支持層の状況や期日前投票の投票数や投票率です。『開票速報』とは、投票終了後の全票開票に至るまでの、時間ごとの開票結果の公表です。そして、『開票結果』とは、全ての開票が終了した段階での、当選・落選の最終結果となります。

実際には、告示日以前から、選挙情勢には動きがあり、これもまた注目の対象です。この記事では、速報性という観点から、マスコミや新聞各社のサイトなど、選挙情報の取得先もご紹介しています。

選挙情報への関心が現実に発生するのは告示日以降

投票した選挙への関心は、確定した開票結果が終着点となりますが、投票日前の選挙情勢や期日前投票、開票経過速報も同様の関心事であることは前術のとおりです。

いわゆる、各段階での『選挙情報の速報』こそが、選挙への関心の対象となるわけです。

さて、速報を希求する関心はいつ生まれるのでしょうか。

それは、告示日に於ける立候補者の届出人数が議会定数を上まわることが判明した段階です。これによって、選挙の実施が決まり、選挙戦に突入し、優位・劣勢の選挙情勢が発生することになります。

立候補者の届出人数が議会定数と同数以下の場合、選挙は行われず、有権者の当落への関心も生まれることはありません。

告示日前から選挙情報の速報に関心を寄せる人たち

一般的には、選挙への関心は告示以降に発生すると申しましたが、それ以前にも強い関心の下で、立候補予定者を支援する人たちが存在します。いわゆる、政党の党員等の支持層となる人々です。

組織票の母体となる団体・組織の支持層にとっては、告示後の選挙運動とは別に、政治活動と称して、立候補予定者を強力に支援する活動に従事しているのが現実であり、告示の段階では既に、選挙情勢の優位・劣勢が見えているというケースも少なくありません。

支援団体支持層による支援活動は、告示前の3ヶ月から半年以上も前に開始されるケースもあります。

支援団体支持層にとって、支援活動(政治活動)の成果を現実のものとして最初に実感できるのが、期日前投票の経過状況です。また、投票期日の勝利をより優位なものとするために、無難な形で期日前投票の推進を図り種々の地方選挙の開票結果速報に備えます。

より良い選挙結果のための期日前投票の推進

どの立候補者が当選するかという関心は、支持者にとっての重要事項ではありますが、実施される地方選挙を俯瞰(ふかん)して、より良い選挙・選挙結果とはいかなるものか、ということに思いをいたすならば、それは、一人でも多くの有権者が投票に参加する選挙であるということが言えます。

当該地方(地域)住民ご自身のための選挙です。より多くの投票者があればあるほど、民意が反映されたより良い選挙・選挙結果と言えるでしょう。

当該地域の有権者数に対する有効な投票数の割合を『投票率』といいます。

そしてこの投票率ですが、18歳選挙権が行使されて以降も、全国的に投票率の向上が見られないどころか、低迷が続いている現状です(2020年1月現在)。

以下は、全国47都道府県の投票率ランキングです。
【出典】都道府県議選の投票率:2013年

順位都道府県投票率順位都道府県投票率
1島根県69.00%25静岡県51.50%
2秋田県61.20%26青森県51.20%
3岩手県60.60%27岡山県50.20%
3鳥取県60.60%28香川県50.00%
5福井県60.40%29愛媛県49.70%
6佐賀県60.20%29滋賀県49.70%
7北海道58.90%31群馬県49.10%
8大分県58.40%32宮崎県49.00%
9長崎県57.90%32茨城県49.00%
10山形県57.60%34広島県47.50%
11富山県57.50%34福島県47.50%
12三重県57.10%36大阪府46.50%
13石川県56.70%37栃木県46.30%
14山梨県55.80%38岐阜県45.70%
15長野県54.20%38神奈川県45.70%
16奈良県53.50%40京都府44.50%
17鹿児島県53.20%41東京都43.50%
18徳島県52.90%42福岡県43.10%
18新潟県52.90%43愛知県42.00%
20高知県52.70%44宮城県41.70%
20和歌山県52.70%45兵庫県41.40%
22沖縄県52.50%46千葉県40.00%
23熊本県52.40%47埼玉県39.50%
24山口県51.70%ーー全国平均51.60%

上記は都道府県レベルでの集計結果で、最高が島根県の「69.00%」で最低が埼玉県の「39.50%」ですが、市町村レベルになると、実質的な投票率が100%の村や30%を下回る都市が存在します。

つまり、理想的な民意反映の選挙結果である地方自治体もあれば、3人に1人の民意しか反映されないとこもあるのです・・。

ですが、この投票率向上に寄与する『期日前投票』という制度が存在します。投票期日(投票日)に投票所に足を運べない事由のある人が、告示日の翌日から投票日の前日までの間、前もっての投票が出来るというものです。

高齢化が進む現在、高齢者の負担を軽減すべく、自動車による、「出張期日前投票所」を設ける地方自治体も存在します。こういった施策は、今後ともさらに普及されるべきものです。

選挙速報と開票結果の告知・公表の実態(スピード性)

有権者の選挙への関心対象となる『投票前の選挙戦の情勢』・『開票速報』・『開票結果』について、その公表・告知がいかに早くなされるかという問題は重要です。

期日前投票や開票速報・開票結果については、選挙を実施する地方自治体の選挙管理委員会が掌握する情報です。これは、自治体のサイトにて告知されます。

告示前からの選挙情勢の予想等については、大手・地方新聞各社や選挙のポータルサイト運営会社が、組織を通じて情報を入手し、公表しています。さらに、新聞各社等では、地方自治体の選挙結果情報を入手して、自治体が公表する前に情報発信をするケースも珍しくありません。

ただ残念なことに、これらによる選挙速報・開票結果の『速報度(スピード)』は、選挙を実施する地方自治体により様々です。

同じ市議会議員選挙でも、政令指定都市のように大規模な場合、マスコミ報道も大々的で、より緻密により早く報道がなされます。時に、告示前の市議選情報も配信します。また、当該選挙管理委員会による告知・公表も時間刻みに早く、自治体サイトでも早期に公表がなされます。

これに対して、中核市にも満たない町議会を持つ『町』よりも小規模な『市』では、世の関心の規模も小さく、マスコミ・新聞社の動きも鈍くなります。自治体サイトでも、かなり後になって、選挙が忘れられた頃に「過去の選挙結果」として資料が開示されたりします。

選挙速報・開票結果の『速報度(スピード)』は、市町村の規模・大きさにより様々であるということです。

市町村の規模は概ね、そこの『人口(じんこう)』によって推し量ることが出来ます。

2019年10月1日現在、日本全国には【1741の市町村】が存在します。以下の『市町村別人口一覧表』はその抜粋となりますが、同じ地方自治体といっても、その規模の違いが歴然であることがわかります。

市町村別人口一覧表(2019年10月1日現在)

順位県・郡市町村人口(人)
1神奈川県横浜市3,748,781
2大阪府大阪市2,740,202
3愛知県名古屋市2,327,557
4北海道札幌市1,970,057
5福岡県福岡市1,592,657
6神奈川県川崎市1,530,457
7兵庫県神戸市1,522,944
8京都府京都市1,466,264
9埼玉県さいたま市1,307,931
10広島県広島市1,199,359
11宮城県仙台市1,090,263
12千葉県千葉市980,203
13福岡県北九州市940,141
14東京都世田谷区938,205
15大阪府堺市827,971
順位県・郡市町村人口(人)
800佐賀県鹿島市28,206
801福岡県 遠賀郡水巻町28,002
802岩手県 紫波郡矢巾町27,998
803大分県 速見郡日出町27,947
804茨城県高萩市27,863
805福岡県うきは市27,821
806茨城県潮来市27,807
807広島県安芸高田市27,777
808神奈川県 中郡二宮町27,744
809北海道名寄市27,695
810鹿児島県いちき串木野市27,644
811北海道 亀田郡七飯町27,590
812福井県あわら市27,577
813奈良県 生駒郡斑鳩町27,424
814和歌山県新宮市27,214
815香川県 木田郡三木町27,207
順位県・郡市町村人口(人)
1700宮崎県 児湯郡西米良村1,013
1701山梨県 南巨摩郡早川町995
1702長野県 下伊那郡大鹿村961
1703熊本県 球磨郡五木村936
1704長野県 南佐久郡南相木村934
1705北海道 古宇郡神恵内村918
1706沖縄県 島尻郡座間味村889
1707長野県 下伊那郡根羽村863
1708岡山県 真庭郡新庄村815
1709北海道 中川郡音威子府村775
1710奈良県 吉野郡下北山村774
1711鹿児島県 鹿児島郡十島村761
1712沖縄県 島尻郡渡嘉敷村754
1713高知県 安芸郡馬路村750
1714長野県 南佐久郡北相木村744
1715長野県 木曽郡王滝村738

地方選挙の選挙情勢・開票速報・開票結果まとめ

地方選挙は概ね、以下の種類に分類され、さらにこれらの「補欠選挙」・「再選挙」が行われることもあります。

  • 市議会議員選挙
  • 市長選挙
  • 町議会議員選挙
  • 町長選挙
  • 村議会議員選挙
  • 村長選挙
  • 区議会議員選挙
  • 区長選挙
  • 都道府県議会議員選挙
  • 都道府県知事選挙

これら地方選挙の選挙情勢や当開票結果に関する速報を配信するメディアや新聞社等報道機関の主なものには次のようなところがあります。

地方選挙の中でも統一地方選挙や沖縄統一選挙に詳しいのは『NHK選挙WEB』です。衆議院総選挙や参議院議員選挙も同様です。

NHK選挙WEB(選挙のポータルサイト)

告示届出状況や選挙結果の速報に関しては、時に新聞各社や自治体サイトの選挙ページよりも速報性で優位に立っているのが『選挙ドットコム』です。

選挙ドットコム|日本最大の選挙・政治情報サイト

選挙情報の網羅性に関してピカイチなのが『政治山』です。しかしながら、速報性に関しては「選挙ドットコム」の方が優位に立つケースが見られます。

政治・選挙プラットフォーム【政治山】

党首・立花孝志(たちばなたかし)氏率いる「NHKから国民を守る党」を熱烈に支援するサイトに『NHKに受信料を支払いたくない富山県民』があります。N国が立候補者を擁立する地方選挙の速報性に優れたサイトです。

堀孝童 堀こうどう NHKに受信料を支払いたくない富山県民

上記とは配信内容は異なりますが、海外のサイトでも日本の政治状況に入念に触れています。

ニューヨーク・タイムズ

投票前の選挙情勢から開票結果に至るまでの情報をより『速報』で得ようとする場合は、これらのサイトや地方紙のサイトが役にたちます。