時事と政治

都内保健所に100人規模の新型コロナ感染報告漏れが発覚 手書きFAX現場混乱か

新型コロナ感染の日本の中心地・東京都。

ここで、都内保健所からの感染報告に「100人規模」の報告漏れがあったことが発覚しました。

この報告漏れは、あくまでも、発表の現時点でということで、実際の申告漏れは最終的にどうなるのでしょうか。

発表のあった報道内容からして、保健所の現場での対応はかなり混乱している模様で、感染者のデータ処理にPCへの入力とは別に、なぜか手書きでの報告(FAX?)を用いる所もあったと言います。

都内保健所に100人規模の新型コロナ感染報告漏れ その実態は?

東京都が発表している都内の新型コロナウイルスの感染者数について、保健所から多数の報告漏れなどが見つかっていることがわかった。都内の累計感染者数は10日時点で4868人だが、都は集計のやり直しを進めており、現時点で100人規模の漏れが見つかっているという。
時事ドットコムより引用。

集計のやり直しを進めている最中の話で、いったい最終的に報告漏れは何人なのでしょうか?

肝心のデータに信頼性が損なわれると、自粛緩和の計画や道筋もまったくわからなくなってしまいます。

都は1月下旬以降、23区や市の保健所などからの報告を受け、感染者数のほかに年代や性別などを取りまとめて公表している。ところが、複数の保健所で報告漏れや二重にカウントするといったミスが多数あることが判明した。
時事ドットコムより引用。

東京都内の23区や市の保健所など、と言ってもその存在数は以下のとおりです。

「複数の保健所で報告漏れや二重にカウントするといったミスが多数あることが判明」と言っていますが、多数とは、何処と何処なのでしょうか?全体の何割位なのでしょうか?

その数によっては、とんでもないことになるのではないでしょうか・・。

千代田区中央区港区
新宿区文京区台東区
墨田区江東区品川区
目黒区大田区世田谷区
渋谷区中野区杉並区
豊島区北区荒川区
板橋区練馬区足立区
葛飾区江戸川区

八王子市立川市武蔵野市
三鷹市青梅市府中市
昭島市調布市町田市
小金井市小平市日野市
東村山市国分寺市国立市
福生市狛江市東大和市
清瀬市東久留米市武蔵村山市
多摩市稲城市羽村市
あきる野市西東京市

瑞穂町日の出町奥多摩町
大島町八丈町

檜原村利島村新島村
神津島村三宅村御蔵島村
青ヶ島村小笠原村

100人規模の漏れは都内保健所の実態把握と予測対応に問題があったのでは?

一度端末に入力したものを手で書き写して都に報告していた保健所もあったといい、都関係者は「集計システムが統一されていないことが一つの要因」としている。
時事ドットコムより引用。

手書きで写してFAXで都に報告?

いったいそれってどういうことなのでしょうか?今更の段階で「集計システムが統一されていないことが一つの要因」とは、納得がいきません。

まず一番最初に、都下の集計システムを稼動させるにあたり、都が保健所に対して、システムの統一を指導するのがあたりまえではないのか?都はいったい何をしていたのか?

保健所は、感染者の情報管理以外にも電話相談対応や感染経路の調査など多くの業務を抱えており、負担が過大になっていることも背景にある可能性がある。
時事ドットコムより引用。

保健所の業務の実態をあらかじめ予測出来ていれば、きっと感染拡大ももっと抑えられたものと思いますが、これは素人の考えなのでしょうか。

「2020年5月11日現在、感染者数は6日連続で40人を下回って、3月30日並みの水準になった。都内の累計感染者は4883人」、という旨の報道があったが、保健所の申告漏れの事実に接すると、疑わしい限りで、疑惑は深まるばかりです。