市長選挙

福知山市長選挙 2020 開票速報と結果及び立候補者情勢

選挙があります

ここでは、福知山市長選挙の結果の確定(投開票結果の日:2020年6月14日)に至るまでの情報を当選者速報として、福知山市長選立候補者の党派別・新旧別情勢と供に記しています。立候補者の一覧名簿による開票速報から当選結果確定までの記録となります

2020年の福知山市長選挙(福知山市長選)立候補者一覧名簿が示す内容は当選者・落選者・得票数・順位及び議席定数・投票率です。また、立候補者の情勢・速報とは、投開票の結果が確定に至るまでの立候補者の履歴、評判・評価、推薦・支援の状況等を指しています。
なお、開票速報はNHK選挙情報や選挙管理委員会公表を元に速報にてお届けします。

2020年 福知山市長選挙の結果(開票速報)と立候補者の名簿一覧

2020年6月14日投開票の福知山市長選挙の「全立候補者名簿一覧」は次のとおりです。

2020年6月14日投票 福知山市長選挙の概要

  • 告示日⇒2020年6月7日
  • 投票日⇒2020年6月14日
  • 有権者数(人)⇒64157(事前掌握)
  • 投票率(%)⇒現在投票結果待機中
  • 執行理由⇒任期満了
  • 定数/候補者数⇒1/4

2020年6月14日投票 福知山市長選挙
『告示後は届出順|結果判明後は得票数順 で表記』
★結果表は下段に追記。

下記リストの表記は、氏名・年齢・性別・党派・新旧 となっています。

  1. 奥井 正美 66 男 無所属 新
  2. 嵯峨 賢次 65 男 無所属 新
  3. 小滝 真里 60 女 無所属 新
  4. 大橋 一夫 66 男 無所属 現

⇒最終結果待機中。

福知山市長選挙 2020年の選挙日程(告示日・期日前投票期間・投票日等)

2020年における福知山市長選挙の日程・告示日・期日前投票期間・投票期日等は次のとおりです。

福知山市長選挙 2020 の日程と投票場所など

  • ▼告示日▼
    2020年6月7日
  • ▼期日前投票期間▼
    2020年6月8日から6月13日
  • ▼投票日及び開票日▼
    2020年6月14日
  • ▼投票時間▼
    午前7時から午後8時。
  • ▼投票場所▼
    市内82カ所(投票所入場券を確認します)。
  • ▼開票場所・時間▼
    即日開票(午後9時20分から猪崎の三段池公園総合体育館メインアリーナにて)。
  • ▼有権者数(人)▼
    64157人(男:31477・女:32680)
    ※2020年6月6日現在。
  • ▼投票率(%)▼
    投票結果待機中。
  • ▼執行理由▼
    任期満了
  • ▼定数/候補者数▼
    1/4

対象行政区:福知山市

2020年の福知山市長選挙に立候補者速報 候補4氏の主張とプロフィール

2020年の福知山市長選挙に立候補しているのは、奥井 正美(おくい まさみ)氏(66歳)、嵯峨 賢次(さが けんじ)氏(65歳)、小滝 真里(こたき まり)氏(60歳)、大橋 一夫(おおはし かずお)氏(66歳)の4氏です。

福知山市長選挙2020は、新型コロナウイルスへの警戒が依然続く中で、各陣営共に、SNSを駆使しながらの激戦を展開しています。福知山地方労働組合協議会議長の奥井正美氏、元副市長の嵯峨賢次氏、元小学校長の小滝真里氏、の新人3氏が、現職で再選を期す大橋一夫氏に対抗する選挙戦となっています。

奥井 正美氏のプロフィール

福知山地方労働組合協議会議長。履歴:福知山高齢者事業団理事長。学歴:水産高卒。推薦:共産。

嵯峨 賢次氏のプロフィール

元副市長。履歴:大江町教育次長、市秘書広報課長・市長公室長。学歴:和光大卒。

小滝 真里氏のプロフィール

元昭和小学校長。履歴:市学校教育振興会長、市小学校校長会長。学歴:京都女子大卒。

大橋 一夫氏のプロフィール

由良川治水促進同盟会長、府市長会部会長。履歴:裁判所職員、府議。学歴:立命館大卒。推薦:自民・公明。

奥井 正美氏の主張・公約・政策

「地域のことは地域に任せ、行政はとことん相談にのって地域の後押しをすることで、福知山が発展する市政へと変えたい」と述べ、市民が中心となる市政への転換を訴えています。また、市の予算の1%にあたる約4億円で実現可能とする「すぐやる5つのプラン」を提示。「税金をしっかり活用し、市民の懐が温まる市政に転換する」と強調しています。

嵯峨 賢次氏の主張・公約・政策

「このままでは地方が潰れるという皆さんの熱い思いを背中に受け、立候補を決断した」とし、財政難から、老人会の運営費を削り、福祉バスさえ無いということに危機感をあらわにしています。新型コロナでの景気低迷に触れ、ここ1、2年が勝負だ、と訴えています。

小滝 真里氏の主張・公約・政策

「この3月まで36年間、より良く子どもたちを育てたいと現場で声を上げ続けてきたが、教育に関心を示さない市の状況に危機感を覚えるようになった」と立候補の理由を説明しています。そして、現市政を「医療・福祉、住民自治、地元産業の現場の声が届いていない」と批判。「市民の声が届き、生かされ、市民の知恵でまちづくりができる福知山を共につくろう」と呼び掛けています。

大橋 一夫氏の主張・公約・政策

自身の任期1期目を「市民の暮らしを第一に医療、介護、教育、防災などをしっかりと進めた」基礎固め・下地作り・市の方向付けをした4年間と評価。再選後の4年間について、「政策を具現化するために頑張り抜く」との決意を披瀝しています。また、具体的な公約として「質の高い子育てと学びの町に」などの「七つのまちづくり」を掲げています。

福知山市長選挙2016の結果(当選者・落選者の名簿一覧)

前回2016年の福知山市長選挙の当開票の結果(当選者・落選者)一覧は以下のとおりでした。

福知山市長選挙(2016年6月12日投票)の投開票結果

  • 京都府 福知山市(ふくちやまし)
  • 福知山市長選挙(2016年6月12日投票)
  • 告示日:2016年6月5日
  • 投票日:2016年6月12日
  • 定数 / 候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:63,114人
  • 投票率:53.66%
no結果得票数氏名年齢性別党派新旧
121493大橋 一夫62無所属
おおはし かずお
2 11962松山 正治78無所属
まつやま まさじ

福知山市の過去の選挙結果一覧

京都府福知山市の実施選挙一覧