市長選挙

泉大津市長選挙の速報と選挙結果は?立候補者の情勢も(開票2020年12月13日)

選挙があります

泉大津市長選挙(2020年12月13日が投開票日)の速報と投開票結果に関する情報です。

泉大津市長選挙の立候補者一覧名簿を用いて、候補者の選挙情勢と共に掲載しています。

「泉大津市長選2020」の投開票の結果詳細は以下でお知らせしています。
泉大津市長選挙 2020 立候補者の選挙結果は?(名簿一覧表)

泉大津市長選挙2020年の立候補者は?(2名のプロフィール・公約・政策)

2020年12月13日投票の泉大津市長選挙は、いずれも無所属の再選を期す現職・南出賢一氏(40歳)と、市民団体会長の新人・畠田博司氏(75歳)との一騎打ちです。市立病院の再編を主張する現職に対し、新人・畠田氏は撤回を強調。その他、新型コロナウイルス対策などが争点となっています。

南出 賢一(みなみで けんいち)氏

南出 賢一(みなみで けんいち)氏[無所属現職:40歳]

プロフィール(経歴)
府市長会副会長。履歴:製粉会社役員・市議。学歴:関西学院大卒。

公約・政策・主張
「財政健全化や中学校給食の充実」などの4年間の実績を強調しています。そして、市立病院の再編を強調。「存続では泉大津が破綻する」とし、再編で市の負担金を年1億円程に抑えられると主張しています。

畠田 博司(はただ ひろし)氏

畠田 博司(はただ ひろし)氏[無所属(共産推薦)新人:75歳]

プロフィール(経歴)
泉大津社会保障推進協議会長。履歴:府立高校教諭。京大卒。推薦:共産。

公約・政策・主張
市立病院の民間医療法人との再編計画の白紙撤回を公約に掲げています。「総合病院の存続は市民の願いであり命と健康を守る拠点として発展充実させるべきだ」と主張しています。また、PCR検査体制の拡充・市民会館跡地の公園計画の見直しなどを訴えています。

【開票速報】泉大津市長選挙の選挙結果 及び立候補者の情勢(2020年12月13日)

2020年実施の泉大津市長選挙の日程と概要(告示日・期日前投票など)

  • ↓告示日↓
    2020年12月6日
  • ↓期日前投票期間↓
    2020年12月7日から12月12日
  • ↓投票日及び開票日↓
    2020年12月13日
  • ↓投票時間↓
    午前7時から午後8時。
  • ↓投票場所↓
    市内20カ所(投票所入場券を確認します)。
  • ↓開票場所・時間↓
    即日開票(午後9時から泉大津市立総合体育館にて)。
  • ↓有権者数(人)↓
    61086人(男:28739・女:32347)
    ※2020年12月13日現在。
  • ↓投票率(%)↓
    結果待機中。。
  • ↓執行理由↓
    任期満了
  • ↓定数/候補者数↓
    1/2

対象行政区:大阪府 泉大津市

泉大津市について


大阪府の泉北地域に位置する泉大津市(いずみおおつし)は、面積が14.31平方キロメートルあり、総人口74,287人(2020年11月1日現在推計)を擁しています。江戸時代に繊維産業が興り、明治以降には毛布の製造が始まって、現在も国内産毛布においては9割を超えるシェアを占めています。

泉大津市長選挙 2020 立候補者の選挙結果は?(名簿一覧表)

no 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 南出 賢一 40 無所属
みなみで けんいち
2 畠田 博司 75 無所属(共産推薦)
はただ ひろし

▼立候補者の選挙結果は判明次第、下記に追記します。▼

泉大津市長選挙2016(前回の選挙結果) 立候補者名簿一覧

  • 大阪府 泉大津市(いずみおおつし)
  • 泉大津市長選挙(2016年12月18日投票)
  • 告示日:2016年12月11日
  • 投票日:2016年12月18日
  • 定数 / 候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:61,047人
  • 投票率:39.3%
no 結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 13575 南出 賢一 36 無所属
みなみで けんいち
2 10207 伊藤 晴彦 63 無所属
いとう はるひこ

参考:泉大津市の過去の選挙結果は以下を参照して下さい。
泉大津市(大阪府)の実施選挙一覧

泉大津市長選2020 まとめ

泉大津市長選挙2020の速報は、期日前投票の段階で配信が可能ですが、結果については、開票状況に従い随時更新して掲載致して参ります。

なお、結果判明後、当該選挙行政区における注目の出来事や情報等があれば、ここで追記して参ります。

泉大津市長選挙と同日に実施の地方選挙一覧

【開票速報】泉大津市長選挙の選挙結果 及び立候補者の情勢(2020年12月13日)