政治と選挙

【ペルー大統領選挙2021 開票速報】結果判明(確定)はいつ?決戦投票の候補者情勢僅差!

世の中の出来事に思う

本年、米国の大統領選挙に世界が注目しましたが、今また今度は、南米のペルー大統領選挙が注目を集めています。

日本でも知名度のある日系人の「元フジモリ大統領」。

その長女の「ケイコ・フジモリ」氏が、急進派候補と一騎打ちとなった、ペルー大統領選挙の決選投票が「2021年6月6日(日本時間)」に実施されたからです。

候補者・選挙の情勢は僅差とのこと。

仮に、「ケイコ・フジモリ」氏が当選すれば、親子2代の日系人大統領になると共に、ペルー初の「女性大統領」となります。

特に、日本で注目されているのはこの点です。

7日午前9時締切りで即日開票ですが、当選者の結果判明には時間がかかっているもようです。

当選結果が判明するのはいつになるのでしょうか?

【ペルー大統領選挙2021 開票速報】ケイコ・フジモリ氏の現在までの経歴と簡単なプロフィールをチェック!

「キンタローに似ている?」というSNSの声もあがっていますが、遠い異国の選挙に日本人とそっくりな人物が出馬していると、他人事とは思えなくなってまいります。名前、日本人なのでなおさらなのでは・・。

キンタロー、というと「たくましさ」を連想してしまいますが、ケイコ・フジモリ氏は、何度も大統領選挙にチャレンジして来た「強者(つわもの)」です。

ケイコ・フジモリ氏の簡単なプロフィールは以下のとおりです。

  • 本名:ケイコ・ソフィア・フジモリ・ヒグチ(Keiko Sofia Fujimori Higuchi)
  • 生年月日:1975年5月25日
  • 年齢:46歳
  • 出生地:リマ
  • 所属政党:人民勢力党
  • 配偶者:マーク・ビラネラ
  • 親族:アルベルト・フジモリ

「ケイコ・フジモリ」氏は、1990年から2000年まで政権を担った、あのアルベルト・フジモリ氏の長女です。

その高い知名度を生かして2006年に国会議員に初当選しています。


ケイコ氏の父親、フジモリ元大統領に関しては強いリーダーシップで経済の安定や治安の回復を実現したと評価する声がある一方、強権的な手法で人権を侵害したとの批判もあり、2000年に失脚したあと2010年には在任中に治安部隊を指揮して市民を殺害したとして、殺人の罪などで禁錮25年の有罪判決が確定しました。

ケイコ氏は父親の有罪が確定したのと同じ年の2010年にフジモリ派の議員をまとめて新たな政党を立ち上げ、その翌年2011年の大統領選挙に初めて立候補しました。

ケイコ氏は父親の功罪に対する国民の評価の影響も受けるなか、この年の大統領選挙で落選。
出展:ペルー大統領選 ケイコ・フジモリ氏と急進左派候補 激しく争う | 海外の選挙 | NHKニュース

2016年の大統領選挙にも立候補していますが、また落選!

そして今回、3度目の大統領選挙への挑戦となっています。

「ケイコ・フジモリ」氏の政策や主張

「自由な経済と民主主義を守る」と主張。

経済界や富裕層を中心に支持を集めています。

対立候補の「ペドロ・カスティジョ」氏の政策や主張

小学校の教師で教職員組合でも活動しています。

エネルギー産業の国有化や新憲法制定の必要性などを訴えて貧困層や地方で支持を伸ばしています。

【ペルー大統領選挙2021 開票速報】結果判明(確定)はいつ?選挙情勢は?

ケイコ・フジモリ氏とペドロ・カスティジョの選挙戦は、極めて僅差です。

今月4日から5日にかけて発表された調査会社3社の最新の世論調査では、いずれもフジモリ氏の支持率が上回っていますが、その差は0.1ポイントから0.7ポイントときっ抗していて、接戦が見込まれています。
出展:ペルー大統領選 ケイコ・フジモリ氏と急進左派候補 激しく争う | 海外の選挙 | 

これは、2016年の大統領選挙の時と同じ状況です。

前回は翌日までかかったもよう・・

「ペルー大統領選挙」 開票率99%超も決着つかず
[2016/06/08 11:50]
ペルーの選挙管理当局によりますと、これまでの開票の結果、元首相のクチンスキー氏がケイコ氏を約0.3ポイント上回っています。ペルー国内の都市部の集計がほぼ終わった一方で、国外に住む人たちの投票結果が分かるのは少なくとも9日までかかる見通しです。
出展:「ペルー大統領選挙」 開票率99%超も決着つかず|テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト

日本時間で、2021年6月7日の午前9時から開票開始とのことですが、

いったいいつ?投票の結果はでるのか?

ペルー大統領選挙の決選投票の結果が判明するのは、

6月8日になるのかもしれません・・

情報が入り次第にお伝えいたします。