事件

大阪・女子大生殺害【嘉本悟社員の犯行動機】は騒音トラブルか?吉岡桃七さんとの関係や接点は?

世の中の出来事に思う

大阪府大東市の自室で吉岡桃七さんが遺体で見つかった「女子大生殺害事件(2021年4月28日早朝)」のその後です。

同時刻に階下2階で火災が発生し、同室居住の男性・ビルメンテナンス会社の嘉本悟社員(48歳)の死亡も確認とのこと。

種々の状況から、殺害事件の犯人が嘉本社員とみられている状況です。

犯行動機はいったいなんであったのか?

SNS上では、騒音トラブル?ではないかとの声も・・。

それにしても凄惨な事件です。

この記事では、大阪・女子大生殺害事件について、嘉本悟社員の犯行動機や吉岡桃七さんとの関係・接点について調査しています。

大阪府大東市女子大生殺害事件の経緯

大阪府大東市女子大生殺害事件の経緯をまとめると以下のとおりです。

2021年4月28日早朝
大阪府大東市の自室(集合住宅3階)で吉岡桃七さんが遺体で見つかる。
※殴られたり切られたりしたような傷が数十カ所以上・血の付いた刃物等発見。

▽▽
上記の同時刻に、階下2階で火災が発生。

▽▽
上記2階居住者のビルメンテナンス会社・嘉本悟社員(48歳)の死亡が確認される。

▽▽
嘉本社員は自室に放火したとみられる。
同ビル嘉本社員の階から3階の吉岡さん宅にはしごがかけられていた。

▽▽
吉岡桃七さんを殺害した嘉本社員が自らの命を絶ったものと見られている・・。


大阪府大東市の集合住宅3階一室で住人の私立大4年、吉岡桃七(ももな)さん(21)が殺害された事件で、大阪府警捜査1課は30日、吉岡さん宅の真下にある2階一室で死亡していた男性について、この部屋に住むビルメンテナンス会社の嘉本悟社員(48)と判明したと発表した。同課は、嘉本社員が吉岡さんを殺害した疑いが強いとみて、2人の接点や犯行動機などを調べる。
出典:産経新聞

関連記事:【大阪・女子大生殺害】嘉本悟社員の顔画像は?犯行動機は騒音トラブル?吉岡桃七さんとの関係・接点は?

大阪府大東市・女子大生殺害事件のその他マスコミ情報

大阪・女子大生殺害【嘉本悟社員の経歴】や吉岡桃七さんとの関係・接点は?

ビルメンテナンス会社勤務の嘉本悟社員の顔画像や経歴について、「顔画像」や本人の動画などは「本人死亡」ということもあり、その公表がありませんでした。

また、嘉本社員の経歴などについて、現在判明しているのは、以下のとおりです。

氏名:嘉本悟
年齢:48歳
職業:ビルメンテナンス会社勤務
住所:大阪府大東市のマンション「タカハシハイツ」2階

【大阪・女子大生殺害】嘉本悟社員の犯行動機(理由)や吉岡桃七さんとの関係・接点は?

嘉本悟社員による女子大生・吉岡桃七さん殺害の状況は、余ほどの恨みを抱いてのものと推測するのは、筆者ばかりではないでしょう・・。

犯行の直後に、自らの命を断つということも、準備周到なことから、あらかじめ覚悟の上の事であったと思われます。

嘉本悟社員と吉岡桃七さんとの接点や関係については現在、警察が捜査中であり、犯行動機についても、予想の域を出るものではありません。

ただ、SNS上で、騒音問題?などの声も聞かれます・・。

嘉本悟社員は、ビルメンテナンス会社勤務とのことで、「警備員」ないしは「設備常駐員」の可能性が高いです。

この場合、嘉本社員は、24時間勤務ないしは、昼夜の交代勤務であり、昼夜不規則な生活の中、睡眠時間の確保に苦慮していたことは想像にかたくありません。

もし仮に、「常習的な騒音」が吉岡宅から出ていたら(あくまで想定)、そこからのストレスはかなりのものでしょう・・。

いずれにしても警察が捜査中であり、やがて判明することでしょう。

判明しましたら、随時更新する予定でおります。

【大阪府大東市・女子大生殺害】への世間の反応