事件

大分県大分市 介護疲れで90歳母親殺害 工藤明容疑者(64歳)の自宅の場所(住所)はどこ?

世の中の出来事に思う

大分県大分市で、64歳の息子が介護疲れのため、90歳の母親を殺害するという事件が発生しました。


6月1日に工藤容疑者が「母親を殺した」と警察に通報したことで発覚しました。

司法解剖の結果、稔子さんの死因は首を絞められたことによる窒息死でした。

捜査関係者によりますと稔子さんは脚の具合が悪く、工藤容疑者が介護をしていたとみられています。

また、工藤容疑者は調べに対し「介護に疲れて殺した」などと供述しているということです。
出展:同居の90歳母親を殺害の疑い 逮捕の息子「介護に疲れて殺した」 大分・大分市

事件が発覚したのは、殺害された母親の息子「工藤明容疑者(64歳)」自身による警察へのの連絡で、自首しています。

工藤明容疑者の自宅の場所(住所)はどこなのか?などを調査してみました。

【6月1日大分県大分市 介護疲れで90歳母親殺害】事件の概要と工藤明容疑者の職業経歴は?

殺害が行われたのは2021年5月の中旬ですが、6月1日に、工藤容疑者自身から、警察に自供の電話が入り、事件が発覚しました(自供どおり、母親の死因は窒息死)。

殺害から自供連絡までの2週間の間、工藤容疑者はどんな思いで、死亡した母親と暮らしていたのでしょうか・・。

コロナ禍の影響もあってか、訪問看護などは行われておらず、工藤明容疑者がたった一人で介護を続けていたものと思われます。

工藤明容疑者の職業は「無職」と報道されました。現時点で判明している工藤容疑者のプロフィールは以下のみで、これ以外の経歴情報は見当たりません。

年齢:64歳

職業:無職

報道された工藤容疑者の自宅は、閑静な住宅街の立派な一軒家です。

この一軒家に住み続けていたということは、生活費については、母親関連の年金・貯蓄等でなんとか賄っていたのでしょうか。

【6月1日大分県大分市 介護疲れで90歳母親殺害】工藤明容疑者の自宅住所(場所)はどこ?

工藤明容疑者の自宅は、JR南大分駅から南西に約2キロ離れた「閑静な住宅街」と報道されました。

この地域で電話番号住所録に【工藤明 097-●●●-●7●●】がヒットしました。

住所は、【大分県大分市上宗方683-198】となります。以下が、その住所及び周辺の地図です。

上記の地図は拡大縮小が可能ですので、より詳細の状況を見ることができます。

まとめ

介護疲れで90歳の母親を殺害してしまった工藤明容疑者の職業や自宅の場所などについて調査してみました。

この手の事件はコロナ禍が続くほどに後を断ちません・・。

自首をしている工藤明容疑者の行動からも、母親の介護に追い詰められた末の悲しい結末と言えるでしょう。

親族、知人、友人、その他、いずれにしても、何らかの形で周囲との人間関係や接触・交流が少しでもあれば、このような悲劇には至らなかったのでは・・。

「孤独」のもたらす悪影響の典型だと思います。