時事と政治

新型コロナで1人10万円給付 所得制限・年齢制限無しで誰でも?支給時期は?

緊急事態宣言後も新型コロナウイルスの感染の勢いは下降しない昨今。

外出自粛のみ声高に叫ばれても、経済活動停止による窮乏は喫緊の課題です。

自粛ムードの中、補償は無い、収入は無い、職は無いでは、新型コロナに感染する前に、生活自体が窮乏し、成り立たなくなってしまいます。

このような中、新型コロナウイルス対策の為の「国民1人当たり現金10万円の一律給付」の案が、急きょ、補正予算案を組み替えて導入される動きとなりました。

本件、問題は、10万円給付に所得制限があるのか?年齢制限はあるのか?誰でも貰えるのか?また、支給時期は何時?という点です。

公明党の要求受け入れによる異例の情勢、その行き先は?

安倍晋三首相は16日、新型コロナウイルス対策として国民1人当たり10万円の現金を一律給付するため、今年度補正予算案を組み替える方針を自民党幹部に伝えた。補正予算案に盛り込まれていた困窮世帯限定の1世帯当たり30万円の現金給付は取りやめる方向。公明党の要求を受け入れたもので、閣議決定後の予算案組み替えは異例だ。
首相、補正予算案組み替えへ 現金10万円一律給付 「30万円」は取りやめ方針

1人10万円の給付の支給時期は?所得制限や年齢制限無しで誰でも?

安倍晋三首相の国民1人当たり10万円の現金を一律給付する為の予算組み替え支持については、実際のところ、『所得制限を設けるかどうかなどの制度設計の詰め』は今後決まるという情勢にあります。

そんな中、この報道は、早速、テレビ各局の報道番組でも取り上げられ、専門家やコメンテーターの意見が飛び交っています。

それらを総括すると、

現状、所得制限も年齢制限も無しで、国民1人に10万円があたりまえ!

支給の時期は一刻も早く!感染が進む状況の中、このままでは手遅れに!

といった論調が主流となっています。

1人10万円給付の支給時期・所得制限・年齢制限 最新情報

2020年4月16日、17:00現在。決定ではありませんが・・・

報道によれば、『所得制限は設けない』方向で調整が進んでいるそうです。

また、1人10万円給付の支給時期は5月上旬、ではないか、とのことです。

1人10万円給付の支給時期はより早く、所得制限は無し、年齢制限も無しでお願いしたいところです。

緊急事態宣言が全国の都道府県に拡大!

2020年4月16日、17:20現在。

テレビのニュースにて、政府の発出する「緊急事態宣言」について、急きょ変更がありました。

緊急事態宣言の対象地域を全国全ての都道府県とするというものです。現行、実施は5月6日までとなっています。

緊急事態宣言が出ていない都道府県への移動を完全に阻止するのが目的で、新型コロナウイルスの感染の勢いと医療現場の崩壊危機は、その脅威を増しています。