事件

名古屋市東区で火事!連続放火の犯人は誰で場所はどこ?防犯カメラの映像は?近隣住民の可能性は?

世の中の出来事に思う

連続放火と見られる火事が、名古屋市東区大幸2丁目と3丁目の2ケ所のアパートの1階付近で発生しています。

2021年4月3日の19時30分頃と21時30分頃の2度に及ぶもので、燃やされたのは、ゴミ袋やタイヤです。

犯人はいったい誰なのか?

防犯カメラの映像は残っているのか?

近隣住民による犯行の可能性はないか?

引用▽
名古屋市東区で3日夜、ゴミ袋やタイヤが燃える火事が2件相次ぎました。いずれも周りに火の気がないことから、警察は連続放火の可能性もあるとみて調べています。
出典:東海テレビ

【名古屋市東区で連続放火による火事】場所はどこで犯行経緯は?

今回、連続放火と見られる場所や経緯は以下のとおりです。

①場所:名古屋市東区大幸2丁目
アパート「レオパレス大幸」のゴミ置き場
2021年4月3日・19時30分頃
ゴミ袋・ゴミ置き場のネットなどが燃える!

②場所:名古屋市東区大幸3丁目
アパート「アップルハウス」
2021年4月3日・21時30分頃
1階の階段付近のタイヤが燃える!

場所①と②の距離は約350メートル。
連続放火の可能性。

タイヤを燃やすには、それなりの準備が必要だと思われます。
警察の見立てどおり、連続放火の可能性大です。

【名古屋市東区で連続放火による火事】場所はどこで犯行経緯は?

犯行は、2件共ともアパート下に近接した場所で行われています。

時間帯も夜で人目の付かない時間帯(19時30分頃と21時30分頃)に発生しています。

また、タイヤを燃やすには、石油やガソリンなどの燃料の準備も必要であるでしょう。

これらの事から、連続放火の犯人は、放火する場所の下見を事前に済ませ、準備の上で犯行に及んだものと推測されないでしょうか。

すると、犯人は近隣住民の可能性も考えられるのではないでしょうか・・。

【名古屋市東区で連続放火による火事】防犯カメラの映像は?犯人が近隣住民の可能性も?

近年、防犯カメラの設置が各所で進んでおり、カメラの映像から犯人を探ることも行われています。

既に、警察では、その筋から着手しているでしょう。

また、防犯の為のパトロールを強化して行くことでしょう。

しかしながら、放火犯人が、防犯カメラの設置場所を確認の上で、犯行に及んだとしたら捜査にも厳しいものがあるでしょう・・。

この場合、今一度、防犯カメラの設置計画を見直す必要があるかもしれません。

参考:名古屋市東区で連続放火による火事

以前にも、同様の火災事件が近くで発生しています。

まとめ

ところで、町内会による「火の用心」の巡回は、今回犯行のあった地域ではどのような状況なのでしょうか?

残念なことに、少子高齢化が進み、町内会があっても、その活動が限定的になりつつあるといいます。

筆者の地域でもそれは同じで、以前には盛んであった防犯パトロールも、見られなくなりました・・。

いずれにせよ、こういった事件の報道に接するにつけ、自身の住居周辺の状況を今一度確認の上、注意を怠ることのないようにしたいと思います。