ライフハック

【富士山の吊るし雲 画像・動画】 なぜ発生したのか?UFO雲・神秘的の声も

2020年9月18日、富士山と富士山周辺に珍しい巨大な「吊るし雲」が発生しました。巷では、UFO雲か?といった声もあがりました。

ではなぜ?富士山につるし雲が発生したのでしょうか?その時の画像も紹介しています。

ウェザーニュースによると、本州付近に南下した「秋雨前線」に向って、「湿った南西の風」が吹き込んだ影響でできた、としています。

今日18日(金)は低気圧が日本海から北日本を通過し、秋雨前線が本州付近を南下しています。これらに向かって吹き込む湿った南西の風が強まっている影響で、富士山周辺には大きなつるし雲が現れました。

富士山周辺では日付が変わった頃から風が強まり、上空3000~4000m付近では30m/s前後の西南西の風が吹いています。
出典:ウェザーニュース

以下の記事では、吊るし雲が発生する条件などについて説明しています。

つるし雲は、高い山の風下に現れます。上空の風に乗って流れる普通の雲と違い、いちど出現すると場所がほとんど動かず、「吊されて」いるように見えるので「つるし(吊るし)雲」と呼ばれています。

つるし雲は「レンズ雲」と呼ばれる種類の雲の一種で、
・「上空の風が強い」
・「湿った空気が存在する」
という状況の時に発生しやすくなります。

上空の強い風が高い山を越えたり回り込んだりするときに風下側で空気の波が起こり、風が上昇している部分で雲ができるのです。
出典:ウェザーニュース

ニュースにもなっています。

富士山の吊るし雲の様々な画像と動画