トレンド記事

台風9号2020に警戒!台風10号のたまごも【米軍最新進路予想や気象庁天気図ライブ動画など上陸情報】に関するツイッター反応

世の中の出来事に思う

中心気圧925hPaの非常に強い台風【台風9号の上陸の恐れ】、また台風10号のたまごも気になるところです。

2020年の台風は、その発生数が少なく、逆に【非常に強力な台風】となっています。

台風対策は情報が命ですが、身近なところでは、テレビを見れば各局が毎日、何回も「天気予報」を配信しています。

テレビ各局の天気予報情報は、日本の気象庁のものが基本ですが、バラエティ番組などでは、有名な気象予報士の方々が独自の見解を発表してもいます。

気象予報士の資格を取ると、自身の「天気予報」を発出できるとのこと。

こういった状況の中、最も信頼性のある気象情報を配信するサイトは以下の2つです。

気象庁の台風情報

米軍(アメリカ海軍)台風情報:Joint Typhoon Warning Center (JTWC)

上記のサイトに関する説明は以下のとおりです。

近年、米軍台風情報を閲覧する人が増えているようです。

アメリカ・ハワイの米軍合同台風警報センター(JTWC)が発表する台風情報です。この台風情報は、本来は米国の政府機関による利用を意図した情報ではありますが、一般の人々もアクセスすることができます。通常は6時間おきに情報を発表します。なお、このサイトの台風情報の見方ですが、時刻表記が協定世界時(文中表記はUTCではなくZ)となっている点に注意する必要があります。日本時間に直すには時差の9時間を加えて下さい。
米軍(アメリカ海軍)台風情報|デジタル台風より引用

 

日本の気象庁が発表する台風情報です。通常は3時間おきに最新の台風情報が発表されますが、台風が日本に接近した(おおよそ300km以内)場合には1時間おきの発表に変更となります。民間気象会社や報道機関が発表する台風情報、そしてデジタル台風や台風画報(ブログパーツ)が提供する台風情報、そして台風進路予想図(Google Maps版)が提供する台風予報は、いずれも気象庁が発表する速報に基づいています。最新の台風状況や台風予想進路、各地の天気予報や注意報・警報、全国の天気図などについては、気象庁のウェブサイトで確認して下さい。なお予報期間については、2009年4月から5日(120時間)予報が始まっています。
気象庁台風情報|デジタル台風より引用

台風9号2020に警戒!

台風10号のたまご

米軍最新進路予想