時事と政治

宇多田ヒカルは落し物の撮影が趣味!人妻投稿との衝撃的な出会いと母・藤圭子との思い出|マツコの知らない世界(再放送)

人気バラエティ番組、マツコの知らない世界【マツコの目の色変わった!超希少エメラルド&宇多田ヒカル】(2020年5月26日放送:TBS)の「落とし物の世界」というコーナーに、歌手の宇多田ヒカルが登場して、驚きの趣味・「落し物の撮影」について披露しました。

宇多田ヒカルは落し物の撮影が趣味!カメラは?驚きの感性と母・藤圭子との思い出①

落し物の撮影という趣味を語る宇多田さんに、「驚きの感性」との称賛も。

宇多田さんはに、そのきっかけとなった「衝撃的な落とし物『人妻投稿』との出会い」があったそうです。

また、落し物の写真撮影に使うカメラの機種やメーカーなども気になるところです。

さらに番組では、宇多田ヒカルさんと、母・藤圭子さんとの思い出についても語っています。

マツコの知らない世界(TBS:2020年5月26日)で放映された内容は、マツコデラックスさんと「初共演」とうたっています・・・

しかし、その内容は、2020年1月3日(後9:00)放送の『マツコの知らない世界SP』の再放送です。5月26日の同日、他に2つのエピソードが紹介されましたが、これも再放送です。

新型コロナ感染を受けた3密厳守の状況では仕方がないと思います。

では、その内容を詳しく見てみましょう。

落し物の撮影が趣味になったきっかけ(動機)は?

宇多田ヒカルさんにとって、『道に落ちている物の写真を撮影する』という趣味は、趣味というより、なんと、9年前からハマってしまって現在に至るライフワークです。

15歳でデビューを果たした宇多田さん。あっという間に世間から注目されるようになってしまい、人目につかないように、「下を向いて歩くクセ」がついてしまったそうです。

そして、27歳の時、東京の日比谷公園前の交差点で「★ある衝撃的な落とし物」と出会いがあり、そこから、落とし物の撮影を開始したのだそうです。

番組で当時のエピソードを聞いたマツコデラックスは「こんな物が宇多田ヒカルの前に落ちていたの!?私にはこんな出会いはなかった!」と驚きのあまり絶叫します。

★ある衝撃的な落とし物とは・・・・・5つ星ホテルのザ・ペニンシュラ東京の向かいのあたりに落ちていた、

「関西マニアック人妻投稿○◆」というピカピカ光るCDだったとのこと。

いったいなぜ?どうして、このようなものがここに?想像・妄想は果てしなく広がり・・
それが、落とし物の撮影をライフワークとし始めたきっかけだそうです。

落し物に惹かれる理由(魅力?)は撮影が趣味になったきっかけ(動機)は?

宇多田ヒカルは落し物の撮影が趣味!カメラは?驚きの感性と母・藤圭子との思い出②

宇多田ヒカルさんは、落とし物に惹かれる理由について、『本来あるべき場所ではない所に置いて行かれてしまったものに対する共感』であると語っています。

申し訳なさそうな「落し物」、所在なさげな「落し物」。本来たどるべきはずだった運命からこぼれ落ちてしまった「落し物」は、予期せぬ出来事を甘んじて受けざるを得ない、ただ置いていかれてしまった物。

そういう、誰にも目もくれられずにいる物が好きなのかもしれないと心情を吐露しています。

落し物の撮影に使っているカメラは何?

宇多田ヒカルさんが、落し物の写真撮影に使っているカメラの機種やメーカーは何でしょう?

宇多田ヒカルさんの落し物の撮影写真は、インスタグラムにどんどんアップしているそうで、そこに、宇多田さん自身の写真は僅かだそうです。

しかし、番組でも、インスタ他のメディアでも、落し物の撮影に使っているカメラについては、残念ながらどこにも情報がありませんでした。仕事の合間や移動中、散歩中なので、アイフォンなのかもしれません・・。

今後とも、調査してみたいと思います。

宇多田ヒカルさんの落し物の撮影の作品(写真の画像)は以下で紹介されています。

宇多田ヒカルが明かした『趣味』に、驚きの声 「感性が常人じゃない」

母・藤圭子さんとの思い出について

宇多田ヒカルは落し物の撮影が趣味!カメラは?驚きの感性と母・藤圭子との思い出③

宇多田ヒカルさんが、母・藤圭子さんの事を語っていました。

藤圭子さんは、100年に一度と言われた天才演歌歌手でした。

早くから、娘のヒカルさんの才能を見抜いていた藤圭子さんは、「貴方は声がキレイだから、どんどん行きなさい!」と、常々言っていたそうです。

藤圭子さんが生前、黒柳徹子の番組「徹子の部屋」のゲストで出演した際、子供のヒカルさんのことを「すごい子供」と言って、ヒカルさんのミュージックを紹介していたそうです。