事件

ラゾーナ川崎 犯人(カマ女)は「ユニディ ラゾーナ川崎店」の店員(従業員)でカマは商品(売り物)?

世の中の出来事に思う

「自称28歳の女」がカマを振り回し、20代女性に怪我させるという事件が発生し、犯人の「カマ女」は、殺人未遂の現行犯で逮捕されました。

時はクリスマスイブの12月24日、午後2時半すぎのことで、場所はJR川崎駅至近の「ラゾーナ川崎プラザ」の1階ホームセンターという繁華街の一角です。

1階のホームセンターとは、「ユニディ ラゾーナ川崎店」です。

幸いにも、被害女性に意識はあるとのことです。

JR川崎駅近くの「ラゾーナ川崎プラザ」▼

事件の経緯から、「カマ女」は「ユニディ ラゾーナ川崎店」の店員(従業員)ではないか?

そして、凶器のカマ(鎌)は「商品(売り物)」ではないかと想定されます。

この記事では、その根拠などを記しています。

カマ女(犯人)は「ユニディ ラゾーナ川崎店」の店員(従業員)?

20代被害女性への凶行で現行犯逮捕された「カマ女」が、どうも、ホームセンター「ユニディ ラゾーナ川崎店」の従業員(店員)ではないかとの疑惑が浮上しています。

詳細が報道されていない段階での想定となります。

▽情報①▽

川崎市の商業施設「ラゾーナ川崎プラザ」1階のホームセンターで女性が女に鎌で切りつけられ、大けがをした。
切りつけた女は同じフロアのトイレに逃げ込んだが、警察が殺人未遂の疑いでその場で逮捕した。
出典:JCCテレビすべて:2020/12/24 BS1 【BSニュース】

▽情報②▽

現場を目撃した店員「(女を見たのは)従業員の地下通路。顔は見ていないが、うなだれている感じ」
現場を目撃した男性「(現場には)血痕とか落ちていて、髪の毛も切られているような感じ」
調べに対して、女は、「カマで切りつけたことは間違いないが、殺そうとまでは思っていなかった」と供述している。
出典:FNNプライムオンライン

情報①によると、犯行現場が「1階」のホームセンターで、逃げ込んだのが「同じフロアのトイレ」となっていますが、情報②によると「従業員の地下通路」で「カマ女」が目撃されています。

目撃情報で「カマ女」の顔は確認されておらず、しかし、女の様子から「犯行後」の事と思われます。「カマ女」は、地下の従業員用のトイレに逃げ込んだのでは?とも想像されます・・。

以上の状況が、犯人の「カマ女」がホームセンターの従業員、すなわち「ユニディ ラゾーナ川崎店」の店員ならとり易い行動ではないかとの疑惑となっています。

さらに、凶器となった「カマ」の存在が、従業員疑惑に拍車をかけています。

凶器のカマ(鎌)はユニディの商品(売り物)?

凶器が「カマ」であるというセンセーショナルな事件ですが、カマ(鎌)ならホームセンターの商品として置いてあるものです。

目撃情報の「うなだれている感じ」と、供述の「カマで切りつけたことは間違いないが、殺そうとまでは思っていなかった」を考え合わせると、発作的な犯行であるように思われます。

これはあくまで想定ですが、事件の日「12月24日」は「クリスマスイブ」。例えば、被害女性と彼氏との間に三角関係があって、仕事中の犯人が、被害女性と一緒の彼氏を目撃したとしたら・・。

身近にあった商品の「カマ(鎌)」で発作的に犯行へ・・?。

ラゾーナ川崎 カマ女(犯人)の犯行動機は?被害女性との人間関係と彼氏・三角関係?JR川崎駅近くの「ラゾーナ川崎プラザ」の1階ホームセンターで、24日午後2時半すぎ、自称28歳の女がカマを振り回し20代女性を襲い殺人未遂で現行犯逮捕される事件が発生。犯行動機は?犯人と被害女性との人間関係にトラブルが?彼氏をめぐる三角関係のトラブルか?...

このことから想定するに、凶器の「カマ(鎌)」が商品(売り物)である可能性は否定出来ないのではないでしょうか。

ユニディ ラゾーナ川崎店「カマ女」への世間の反応

まとめ

ラゾーナ川崎プラザのホームセンター「ユニディ ラゾーナ川崎店」における「カマ女」の犯行について、女が「ユニディ ラゾーナ川崎店」の店員で凶器の「カマ」が商品だったのではないか、という考察をしてみました。

あくまでも想定ですが、「発作的犯行」を想定した場合の考察となります。