新型コロナ

ローソン 年末年始のお知らせ【2020~2021】休業店舗の場所はどこ?オーナー判断で85店前後が休業

世の中の出来事に思う

大手コンビニの「ローソン」が、年末年始の数日間(主に2020年12月30日~2021年1月3日)、85店舗前後が休業すると発表しました。

いわゆる、ローソンによる「年末年始のお知らせ」ではありますが、休業する店舗がどこなのか?といった詳細な公表はありません。


ローソンが年末年始に全国の85店前後の店舗を休業することが16日、分かった。本部に相談があったフランチャイズ加盟店が対象で、年末年始に来店客が減るオフィス街などの店舗が中心となる。オーナーが個別に判断して休業に踏み切る。期間は主に12月30日~来年1月3日で、複数日にわたって休む店舗もある。
出典:共同通信

休業店舗の場所はいったいどこ?なのでしょう。

コンビニ受取やATMの利用を予定している人にとっては問題で、事前チェックが必要でしょう。

この記事では、その休業店舗の場所がどこかについて調査してみました。

【2020年~2021年】年末年始のローソン休業店舗の場所はどこ

ローソンでは過去に、一部店舗休業を実験的に実施していますが、今般、2020年から2021年の年末年始の期間、フランチャイズ加盟店のオーナーの申し出による、休業を実施することになりました。

休業店舗の詳細は発表されていませんが、これは、加盟店オーナーの申し出を受けたものであることが前提のため、各オーナーにお任せ、ということのようです。

しかし、便利な「商品のコンビニ受取」や「ATMの利用」を年末年始にも予定している人にとってはけっこうな問題です。

こういった状況の中、「コンビニ受取」の仕組みに関係している企業の中で、ローソン店舗の年末年始の休業について、情報配信しているところがありました。


対象店舗数
ローソン:全国で最大約100 店舗
宅配ロッカー「はこぽす」受取:12箇所

対象店舗でのご案内
ローソンでは、休業2週間前から、対象店舗の店頭にて、年末年始期間の休業に関する貼紙を貼り、
事前告知を実施いたします。
ローソンの対象店舗の休業は、店舗店員をゼロにする「完全休業」の形で実施します。
出典:ローソン一部店舗での年末年始休業に伴うコンビニ受取サービスについてのご案内

2020-12-16現在、休業に該当する店舗では、そろそろ、【年末年始期間の休業に関する貼紙】貼り出しているものと思われます。

ご確認下さい。

ローソンの年末年始休業への世間の対応

ローソンの年末年始休業 まとめ

ローソンに限らず、年末が近くなると、街中の店舗には、「年末年始休業のお知らせ」等々の貼り紙がなされます。

コロナ禍で迎える初めての年末年始。

昨年より、多くの休業のお知らせが貼り出されるやもしれません。

近隣外出の際は、注意して見回してみましょう。