エンタメ

石原さとみの結婚と旦那【1年間もスクープなしのなぜ?わけ・理由】交際期間1年の間スクープゼロの真相

世の中の出来事に思う

人気女優の石原さとみさんが10月1日、結婚を発表しました。

お相手の旦那さんは「一般男性」で交際期間は1年間とのこと。

交際期間中、スクープどころか噂(うわさ)すらありませんでした。

石原さとみさんの場合、特に、昨年の交際破局以降、マスコミも張っていたはずでは?

いったいなぜ?スクープゼロで結婚発表まで漕ぎ着けることができたのでしょうか。

石原さとみの結婚で旦那との仲が1年間もスクープゼロの理由

以下は、創価学会を宣揚する為でも暴露するためでもなく、あるがままの事実を述べたものです。

結論として、創価学会の真面目な活動家が「スクープ」される可能性の極めて低い事を裏付けています。

つまり、石原さとみさんの結婚相手となった旦那様との仲が、1年間もスクープされなかった理由を述べています。

▽ここから▽

創価学会の活動家と称される人たちには役職が与えられています。

これはあくまでも、打診された本人の了解の下で、面接を経て与えられるものです。

その役職は組織の縦割りにおける、地域の担当を任命されるものです。

担当する創価学会の会員さんの人数は、下部組織から上層部に至るまで、役職ごとに必然的に増加していきます。

そして、役職を持った地域担当者は、その地域の学会員さんの面倒を見ることになります。

創価学会の不祥事に対し、よく一言に「創価学会幹部が・・」という報道がされますが、幹部と言っても「その資質は別にして」ピンきりです。

かつて、東京ディズニーシーの夜間清掃中、「アルバイトの男性が水死」という報道がありました。

ここで言うアルバイトとは実は「契約社員」で、夜間清掃員の多くは皆、「契約社員」です。

しかも、水死した男性の担当は「ホージング」と言って、高圧水で路面を洗浄する作業でした。夜間清掃の中でも一目置かれるキツイ仕事です。

アルバイトだったので誤って事故死、というイメージはあたりません。

以降、偏見なく、あるがままの事実を述べていきます。

創価学会には「1人でも面倒を見ている人が居ればそれは幹部です」という指導があります。

さて、創価学会には、組織の縦割り役職者の担当する地域グループとは別に、「各種の人材グループ」が存在します。

社会の各分野ごとに、壮年・婦人・男女青年部・学生部・未来部ごとに、あるいは創価学会の各地域ごとに記念日があり、これにちなんだ人材グループも存在します。その数は単純計算出来るものではありません。

芸能界の活動家が参加するグループが「芸術部」です。

そして、それぞれに担当責任者や副責任者が任命されますが、その多くは、地域の担当者が兼任で就くケースが多くなっています。

このように見て来ると、創価学会の幹部は「多忙を極め、仕事も手につかないのではないか?」と思われます。

しかし、創価学会には、「仕事は3人前、信心は1人前」という指導があります。

「仕事」も「地域貢献活動」も「学会の活動」も、その全てが「信心の実践」であると説いています。

なので、学会の活動家の人は、限られた時間を賢明につむぎ出すことで「学会活動」に参加しています。

★ 故に、創価学会の真面目な活動家にとって、【スクープされる「暇(ひま)」】はありません。

ところが、幹部の中には、あるいは公明党の議員の中には、傷害事件や破廉恥事件を起こしている人がいます。

過去から現在に至るまで、学会の各地域で浮上していない「不祥事」は枚挙にいとまがありません。

しかし、こういった不祥事を起こし、世の中と学会員さんに迷惑をかける人たちには皆、明確な共通点が存在します。

創価学会では、「信心」と「行動:勤行・唱題の実践」と「教学の研鑽」を【信・行・学】と称して、信心の基本としています。

ここで言う「勤行・唱題の実践」とは、入信した時に戴く「御本尊」に対して、朝晩一日2回の「読経」と「南無妙法蓮華経」のお題目を唱えることです。特に、お題目を唱えることを「本行」とし、読経は「助行」であるとしています。

学会の真面目な活動家は、徹底してこの「読経・唱題」を欠かしません。

しかし、不祥事を犯した人たちの「99.9%」は、この「読経・唱題」をしなくなっています。

いずれにしろ、

★ 創価学会の真面目な活動家にとって、【スクープされる「暇(ひま)」】はありません。

△ここまで△

男女関係・金銭貸借・共同事業の禁止|スクープゼロの理由その2

創価学会では、草創期の頃から、組織内の学会員さんたちの間での「男女関係」・「金銭貸借」・「共同事業」の3つを原則禁止としています。

これは、けして会内の法律ではなく、それぞれの「信心に及ぼす事の重大性」にかんがみ、適宜、指導の折りに確認されるものです。

創価学会の真面目な活動家にとって、【スクープされる「暇(ひま)」】はない理由の別角度からの根拠として掲示するものです。

会員間の金銭貸借について


そもそも戸田城聖が、会員間の金銭貸借を厳しく禁じたのは、そのために組織が利用されることを防ぐためであった。また、金銭関係のもつれが、組織に波及し、怨嫉などを引き起こすことになるからである。どこまでも、信仰の世界の純粋さを守るための、戸田の決断であった。
出典:『新・人間革命』第8巻

会員間の男女関係について


池田大作先生指導「婚約がダメになってしまった同志へのメッセージ」

「世界には、18億人(当時の世界の人口の半数)の女性がいるじゃないか。もっと心を広々ともって、人を見返すような男になりなさい。戸田先生は、女性の後ろでぐずぐずしているような男になるな、と言われた。
男は師子王の如く進んでいきなさい。多くの女性が、あこがれるようになりなさい。その中から一番いい人を一人、選びなさい。欲望に振り回されるのは餓鬼界に支配されているようなものだ。」

そして、温かく、「青春の”思い出”日記として頑張っていきなさい」と激励した。」
出典:「大白蓮華2012年4月号」聖教新聞社

会員間の共同事業について


この「共同事業」と言うのは
初代、牧口先生の時代から、よく私に言われました。
損をしたときに、その損を擦り付け合い
もうかった時には、余分にとりたがる
「かならず!畜生根性が顕れる。」と、よく話しておられました。

但し、原理は・・・
・損をすれば、(或いは不測の事態に陥れば)、泥仕合になる。
・得をすれば、「慳貪」や「奪い合い」にもなる。
・・・と言う「人間根性のある」中は「まず、やらない方が無難だろう」・・と
こう教えたのです。

「やるな!!」などと言う法律は、こしらえていません。
創価学会には、そんな法律などありません。
出典:戸田城聖全集第二巻(質問会編)P.243~244

石原さとみさんのスクープゼロに対する世間の反応

石原さとみさんの結婚 まとめ

石原さとみの結婚について、旦那さんとの仲を【1年間もスクープなし(ゼロ)】で今日まで至った理由について、創価学会の現場取材の下、確認しました。

女優・石原さとみさんは今後とも、旦那さんと共に、創価学会の真面目な活動家の道を歩んで行かれるものと思われます。