テレビ番組

創価大学 往路優勝!タイムは?選手別区間別の記録【箱根駅伝2021】

世の中の出来事に思う

箱根駅伝2021で、創価大学が、まさかの往路優勝を達成しました。

この記事では、第1区・福田 悠一、第2区・フリップムルワ、第3区・葛西 潤、第4区・嶋津 雄大、第5区・三上 雄太、各選手の区間別(コース別)・選手別タイムを記しています。

リアルタイムな各種報道では、当初発表のエントリー選手の名前が採用されて、実際のレースでの出場選手と違う情報が誤って掲載されているようです。

こういった誤りを可能な限り是正して、最新の「箱根駅伝2021 創価大学 往路初優勝」の記録を掲載しました。

箱根駅伝2021 創価大学の区間別タイムと選手別タイム(記録)

箱根駅伝2021で往路優勝を果たした創価大学チームの選手5名。

  • 第1区:福田 悠一
  • 第2区:P.ムルワ
  • 第3区:葛西 潤
  • 第4区:嶋津 雄大
  • 第5区:三上 雄太

上記選手についての、往路優勝に至った「区間別」タイムと状況について以下に記しました。

第1区(21.3km):大手町 読売新聞社前から鶴見

  • 創価大学出走選手:福田 悠一(フクダ ユウイチ)
  • 区間タイム:1時間03分15秒(ここまで1時間03分15秒)
  • 区間順位:2位
  • ※(区間最高 2007年 東海大 佐藤悠基 1時間01分06秒)

高低差少ない平坦なコースで、かつレースの流れを決めるスタートダッシュが求められるコース。17km過ぎの六郷橋の下りで仕掛ける選手が多い中、創価大学「福田 悠一」は2位を堅持して2区へ繋ぎました。

第2区(23.1km):鶴見から戸塚

  • 創価大学出走選手:P.ムルワ(フィリップ ムルワ)
  • 区間タイム:1時間7分18秒(ここまで2時間10分33秒)
  • 区間順位:2位
  • ※(区間最高 2020年 東洋大 相澤晃 1時間05分57秒)

各校のエースが走る「花の2区」と呼ばれるコースで創価大学「P.ムルワ」選手は2位をキープしました。

創価大の2区:はフィリップ・ムルワ選手です??決意コメントの動画です▽

第3区(21.4km):戸塚から平塚

  • 創価大学出走選手:葛西 潤(カサイ ジュン)
  • 区間タイム:1時間2分41秒(ここまで3時間13分14秒)
  • 区間順位:2位
  • ※(区間最高 2020年 東京国際大 イェゴン ヴィンセント59分25秒)

気温の急上昇のある時間帯であることと、風がある場合に逆風が選手を苦しめるコース。創価大学の選手は終始、ピッチ走法で逆風に挑み、2位をキープしました。

第4区(20.9km):平塚から小田原

  • 創価大学出走選手:嶋津 雄大(シマズ ユウダイ)
  • 区間タイム:1時間2分49秒(ここまで4時間16分03秒)
  • 区間順位:1位
  • ※(区間最高 2020年 青山学院大 吉田祐也 1時間00分30秒)

国道134号線から小田原にかけて、細かいアップダウンがあり、コース後半はスピードが出にくい状況。このコースで「嶋津 雄大」選手は逆転トップに立ち、タスキを5区に委ねました。

第5区(20.8km):小田原から箱根町 芦ノ湖駐車場入口

  • 創価大学出走選手:三上 雄太(ミカミ ユウタ)
  • 区間タイム:1時間12分6秒(ここまで5時間28分08秒)
  • 区間順位:1位(往路優勝)
  • ※(区間最高 2020年 東洋大 宮下隼人 1時間10分25秒)

★トータル【5時間28分08秒】で、創価大学は往路優勝を果たしました。

脚力とスタミナが要求される山登りコース。「山の神」の登場で大逆転劇があると言われるコースでそれは無く、「三上 雄太」選手はトップを守り、往路優勝を果たしました。

創価大学 往路優勝 世間の反応

まとめ

4区で逆転トップに立った「嶋津 雄大(シマズ ユウダイ)選手」は、当初、補欠エントリーで、創大チームに初入部かつ箱根駅伝初出場なんですね・・。

その嶋津選手が快挙を成し遂げました。

その陰には、心身共に、チームの一体感が感じられてなりません。

大変にお疲れ様でした。また、初優勝!おめでとうございます!

明日の復路も頑張って下さい。

出来れば、復路も優勝を果たし、未曾有(みぞう:これまでに無い)の歴史を刻んで下さい!