トレンド記事

『M 愛すべき人がいて』2話のネタバレと感想!水野美紀の天馬役の怪演が大反響!

『M 愛すべき人がいて』2話では、アユ(安斉かれん)がNYに3ヶ月間留学。

待ち構えていたのは、前代未聞の奇抜なスパルタ講師・天馬(水野美紀)!

天馬は見た目とは裏腹に、さすがはマサ(三浦翔平)の信頼を得た凄腕講師でアユを成長させます。

当記事では『M 愛すべき人がいて』2話のあらすじのネタバレと感想についてまとめています。

CHECK!『M 愛すべき人がいて』の見逃し視聴は、ABAMAにて独占配信中。

放送後1週間以内であれば、無料で視聴できます。

次回の見どころ動画も配信されています。

『M 愛すべき人がいて』2話の公式あらすじ

『M 愛すべき人がいて』2話の公式あらすじは以下です。

レコード会社A VICTORYの社長・大浜(高嶋政伸)は、プロデューサー・マサ(三浦翔平)が、中谷プロに所属しているアユ(安斉かれん)と会い続けていることを、ここぞとばかりに問題視していた。大浜は、六本木のディスコ・ベルファインのVIPルームで中谷(高橋克典)と会い、アユを引き抜こうとするかのようなマサの振る舞いを謝罪する。するとそこへマサが現れ、中谷に「アユを譲ってください」と許しを請う。アユというダイヤの原石を自分の手で磨くため、土下座までするマサに心を動かされた中谷はついに移籍を認める。
 
マサは、晴れてA VICTORYから歌手デビューを目指すことになったアユに、3カ月間ニューヨークでレッスンを受けてくるよう指示を出す。急な展開に驚きつつもニューヨークに渡ったアユを待ち受けていたのは、鬼のように厳しい講師・天馬まゆみ(水野美紀)だった。次から次へとハードなレッスンを進める天馬…。まったくついていけないアユは、自分の実力を目の当たりにして落ち込む。
 
その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。張り切ってメンバー探しを始めた流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声を掛ける。一方、マサの秘書・姫野礼香(田中みな実)は、マサがアユに肩入れし過ぎることに不満を感じていて…。

 そして3カ月後――。ついに帰国したアユは、流川プロデュースのガールズグループのメンバー候補たちとの合宿に参加することになる。しかし、マサに特別扱いされているアユへの風当たりは強く…。

引用元: 『M 愛すべき人がいて』公式あらすじ

✔クリックでキャスト一覧

マサ(三浦翔平):レコード会社「A VICTORY」の専務取締役。

アユ(安斉かれん):マサに才能を見抜かれた少女。後に「平成の歌姫」と呼ばれるトップアーティストに。

大浜(高嶋政伸):レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。

流川翔(白濱亜嵐):レコード会社「A VICTORY」の社員。マサの部下。

姫野礼香(田中みな実):マサの秘書。

天馬まゆみ(水野美紀):アユのトレーナー。

輝楽天明(新納慎也):マサのライバルとなる音楽プロデューサー。

玉木理沙(久保田紗友):アユの同級生。マサに見初められたアユに嫉妬。

中谷(高橋克典):中谷プロの社長。

『M 愛すべき人がいて』2話のネタバレ

『M 愛すべき人がいて』2話のネタバレをしていきます。

マサが土下座!アユをください

中谷社長(高橋克典)は、マサがアユを引き抜くことに怒っていた。

マサ(三浦翔平)は、中谷社長(高橋克典)に土下座して「アユをください」と頼む。

「ダイヤの原石がダイヤになるかどうか、磨く人間次第だ!」

中谷社長は、マサの熱意に打たれたのか、アユをマサに渡すことを承諾してくれた。

マサはアユのところに行って「いいダイヤの原石だ」と言った。

アユがNYでレッスン

マサは、アユを3ヶ月間、NYのスパルタ講師・天馬(水野美紀)に預けることに決める。

いきなりの海外でのレッスンにアユは不安になるが、マサの「俺を信じろ」の言葉を信じて旅立った。

NYに着いたアユは、早速カリスマトレーナー・天馬のレッスンを受ける。

天馬は、アユの素人っぷりにあきれて「マサはどうしてこんなポンコツ寄越したの~!」と絶叫。

天馬の指導は「魂から声を出せ」「誰かに届けるように歌え」「これから5時間“あ”だけで歌え」などとにかく厳しい。

マサの部下・流川がガールズグループをプロデュース

その頃日本では、マサが部下の流川翔(白濱亜嵐)に、ガールズグループのプロデュースを任せることに。

流川は、以前から気に入っていたアユの友人・玉木理沙(久保田紗友)に声をかける。

理沙は「アユに絶対負けたくないから、流川さんも本気出してください!」と意気込んだ。

その頃、NYのアユは、天馬に水をぶっかけられていた。

完全に追い詰まったアユの前に、なんとマサが現れた!

マサは、アユが放した風船を捕まえて「一度掴んだものは意地でも離すな」と言った。

そしてcoachのコートをプレゼントして「いつかそれが似合う女性になれ。東京で待ってる」と言って帰って行った。

翌日から、アユは見違えるようなやる気を見せる。

天馬は「おそ~い!でも合格」とニッコリ。

アユがガールズグループと合同合宿

3ヶ月のトレーニングを終えたアユは、日本に帰国。

翌日からは、流川のプロデュースするガールズグループと合同合宿することに。

講師は、NYからやってきた天馬!

アユはやる気を見せますが、理沙たちはアユを激しくいじめる。

しかしこれこそマサの狙いでした、マサはアユにいじめを乗り越えさせたかったのだ。

選抜試験にアユも参加!負けたらデビューはない

選抜試験の日、アユは腕に包帯をして現れた。

昨夜、理沙が石鹸で磨いたお風呂場のタイルで転んで肩を脱臼してしまったのだ。

試験現場には、マサもやってきた。

試験は、水の入ったリュックをくじで選んで背負ってのマラソンで、上位5名がガールズグループに入れるというもの。

マサは、アユも試験に参加して、上位5位に入れなければアユのデビューはなくなると宣言。

理沙のリュックには1本しか水が入っていなかったが、アユのリュックには10本も水が入っていた。

マサは「どうするんだ?」と冷ややかに聞くが、アユは「やります」とキッパリ。

マサの非情とも言えるやり方に、流川は疑問を抱く。

しかしマサはアユをスーパースターに育てるつもりで、そのために限界の根性を引き出したかったのだ。

途中で大雨が降ってきて、左肩を痛めたアユは止まってしまう。

するとマサが崖の上から「負けるな!お前が本気で苦しむのはこんなところじゃねえだろ!今を見るな!未来を創造するんだよ!俺を信じろ!アユ、走れ~!」と絶叫。

アユは見事な追い上げを見せて、なんと理沙を抜いてトップでゴール!

マサが「よく頑張った、病院行くぞ」とアユを引き上げると、2人の前には虹がかかった。

天馬はマサに「最初は(アユは)ポンコツだと思ったけどそうじゃなかった。あなたの目は間違ってないわ。彼女のこと磨いてあげなさい。とんでもない光を放つかも」と言った。

『M 愛すべき人がいて』2話の筆者の感想



2話では、水野美紀さん演じるスパルタ講師が、アユをしごきまくりました。

これがなかなかのキワモノキャラで、怒るとドラムを叩きまくり、アユにバケツの水をぶっかけ、「今度、え?って言ったら焼くわよ」などの奇怪なセリフを吐きます(笑)

しかし奇抜なキャラで終わらず、「魂から声を出せ」などの言葉はアユだけでなく視聴者の心にも響きました。

Twitterでは「#M愛すべき人がいて」が世界トレンドのトップ5に躍り出たほか、「水野美紀」も一時国内トレンド入りする大反響を呼びました。

しかしこのスパルタ講師以上にインパクトがあったのが、アユに対するいじめ。

お風呂のタイルに石鹸を塗りたくって転ばせるとか、悪質過ぎる!怖い!

田中みな実さん演じる眼帯秘書も、大活躍。

1話同様葡萄を自分の目に見立てて、今回はその葡萄をマサの口にチュッとした後に自分で食べちゃいました(^_^;)

陰で理沙たちを煽って、いじめの主謀者だったのも怖すぎです。

岩場の上からのマサのクサイセリフも、超インパクト大!



何かと濃いし古臭さも感じるドラマですが、この時代に見るととても新鮮なんですよね~。

そしてマサの一言で、肩の脱臼はどこへやら、全力で走れるアユも面白凄い(笑)



本当にこのドラマ、なんかクセになりますよね~。

『M 愛すべき人がいて』2話のTwitterの評判と感想

『M 愛すべき人がいて』2話のTwitterの評判と感想は以下です。







とにかく大反響だし、視聴者は2話で早くもハマっているようですね。

まとめ

『M 愛すべき人がいて』2話のあらすじのネタバレと感想をまとめました。

水野美紀さんの演技力に、改めて感服した回でしたね。