新型コロナ

【江崎禎英氏 コロナ寝れば治る】炎上しない理由は?抗体できるが政府の真意?

世の中の出来事に思う

元政府官僚で、来る1月24日に投開票を迎える岐阜県知事選挙に立候補している「江崎禎英氏」の発言が問題。

氏は地元の講演で、「新型コロナは発症しても2週間寝れば治る」と公言(断言)しきっていました。

医療現場が崩壊寸前という現実が目前にあるという事実。
また、明らかな国際的感染状況にあって、最前線でも、コロナの特性が把握しきれていないという事実。

こういった状況の中での「江崎禎英氏」の公人としての発言はあまりに「愚か!」。

死者・重症者急増の時を全くわきまえていません。

そのように感じるのは筆者のみでしょうか・・。

重大な問題発言、だと思うのですが、これが、なぜか。批判の声はあるものの【炎上】には至っていません。

なぜでしょう?理由は?

本件に関して考察してみました。

【江崎禎英氏 コロナ寝れば治る】炎上しない理由は?

なぜか炎上しない江崎禎英氏の「コロナは寝れば治る」発言についての資料と動画は以下のとおりです。


問題となっているのは、12月20日に岐阜県内で行われた「岐阜の街を考える会 特別講演会」での江崎氏の発言。江崎氏はこの回にゲストとして招かれ、新型コロナウイルスについてや、医療・介護のあり方についてなど語っていた。

講演はアーカイブでユーチューブチャンネルにアップされており、その中で江崎氏は新型コロナウイルスについて、「今回感染した人、ほとんど発症しません。で、不幸にして熱が出たら、2週間寝てれば治ります」と断言。さらに、「その人(感染者)にとっては、これから出るどんなワクチン打つよりもちゃんと免疫ができるんです」と話した。

また、江崎氏は「これ、国が言うとですね、大炎上するんです。なのでそれは言えない」とした上で、この話については「西村大臣から頼まれました。『江崎くん、岐阜に帰るんだったら、Face to Faceで向かい合った時だけ伝えられると思うんだけれども、正しい情報を伝えて欲しい』と」と、西村康稔経済再生担当大臣に伝えるよう頼まれたと発言した。
出典:ニコニコニュース|政治・社会

江崎禎英ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCjXim5wymkp3rEAP65JlUCA

SNS上には、本件を問題発言とする批判もありますが、そうでない発言や団体も実在します。

こういった状況の中、国民の多くの「表向き(たてまえ)」は、「厳格なコロナ対策志向」でありながら、感染者の方々の悲惨を「人ごと」として、甘く考えたい国民がかなりの数にのぼるのではないでしょうか・・特に若い年代の方々に・・。

隠れトランプ支持者のように。

筆者は、【江崎禎英氏 コロナ寝れば治る】発言が「炎上しない」背景をそのように考えます。

【江崎禎英氏 コロナ寝れば治る】抗体できるが政府の真意?

これまでの政府の動きを見れば、gotoトラベル中止の遅きに失した対応に代表されるように、経済の歩みを極力止めない姿勢が明確です。

ここで、コロナに感染する⇒抗体が出来る!という最もらしい発想は、政府の追い風ではあります・・。

江崎禎英氏の発言に対して、当然、政府の西村担当相はこれを否定するものの、否定に留まっているというのも違和感を感じます。

医療現場の惨状打開へ向けてのスタンスを取りながらも、一刻も早い「gotoトラベル再開」を意識してはいるでしょう・・。

まとめ

地球温暖化という、人類規模の危機ですら、全世界が団結できない現状です。

甚大な災害や被害も、目前にならないと「動けない」体質は、何も政府だけではなく、一個人の行動原理にも通じるものがあります。

人の気持ちになって考える事が最も大切で、それは、前向きな人との交流の中に生まれるものと思います。

しかしながら、今般のコロナ禍は、それを遮っている状況です。

選挙関連のリンク

江崎禎英氏が立候補している岐阜県知事選挙の他、2021年1月は多くの地方選挙が実施されます。