事件

ドコモ口座事件 提携(連携)止めた地銀は?紀陽銀行・ ゆうちょ銀行・池田泉州銀行・伊予銀行・ 滋賀銀行など

世の中の出来事に思う

ドコモ口座を使った地銀口座からの不正引き出し事件の波紋が拡大しています。

本日、9月10日、NTTドコモは、連携する地銀全35行における「新規口座登録」の停止を発表しました。

また、併せて、同日未明、NTTドコモは、ドコモ口座の新規登録を一斉に停止としました。


NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使った不正な預金の引き出しが9日、ゆうちょ銀行でも確認されるなど、地方銀行を中心に不正利用の被害が相次いでいる。ドコモ口座はメールアドレスさえあれば架空名義でも開設が可能で、こうしたセキュリティー対策の甘さが露呈した格好だ。事態の拡大を受けドコモは10日未明からドコモ口座の新規登録を一斉に停止。本格的な対応に乗り出す。
出典:時事ドットコム

しかし、【口座の新規登録】を停止しても、既存の犯罪に使用された「ドコモ口座」の存在はそのままではないでしょうか?

9月9日までで、被害にあった地銀の口座は34口座。約1000万円の被害金額となっています。

NTTドコモは9月10日、電子決済サービス「ドコモ口座」を通じた現金の不正引き出しが相次いでいることを受け、ドコモ口座と連携する全35行の銀行口座の新規登録を当面停止すると発表した。同社によると9日までに、34口座で約1000万円の被害を確認したという。
出典:ITmedia

地銀側としては、NTTドコモとの連携(提携)自体を次々に中止。

すぐに、ドコモ口座との紐付けを解除しなければ危ないです。

ところで、NTTドコモと提携していた、全35行とはどこなんでしょうか?

今現在、お客様の口座に被害のあったと公表のあった、銀行は「七十七銀行」で、ここは即、連携中止体勢に。

同サービスと連携している七十七銀行(宮城県仙台市)は7日、ドコモ口座に登録された同行の口座から現金の不正引き出しが確認できたとして連携を中止。9日までにイオン銀行、ゆうちょ銀行など18行が、連携を中止すると発表した。
出典:ITmedia

これに続き、以下の銀行の口座も被害にあったものと見られます。

  • 中国銀行
  • 大垣共立銀行
  • イオン銀行
  • 池田泉州銀行
  • 大分銀行
  • 紀陽銀行
  • 滋賀銀行
  • 仙台銀行
  • 第三銀行
  • 但馬銀行
  • 鳥取銀行
  • 北洋銀行
  • みちのく銀行
  • 伊予銀行
  • 東邦銀行
  • 琉球銀行
  • その他・・

ドコモ口座事件への世間の反応