新型コロナ

コロナワクチン無料接種 いつ?日本でなくて安全か・本当に効くの?副作用の損失補填は?の声

世の中の出来事に思う

9月30日、政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種を全国民に無料で実施する方針を固めました。


政府は30日、国内外で開発が進む新型コロナウイルスワクチンに関し、接種で自己負担を求めず全国民を無料とする方針を固めた。
出典:時事通信社

コロナのワクチンについては、急速な開発を進める国際事情があります。

そんな中、不安要素も多く、日本製なのか外国製なのか?

治験は済んでいるのか?安全か?副作用は?などの声が広がっています。

コロナワクチン無料接種は いつ?

コロナワクチン無料接種は いつ頃になるのでしょうか?


政府はワクチン開発が順調に進み、年末以降に接種が開始できることも念頭に必要な体制整備を進めている。
出典:時事通信社

記事によれば、早くて年末以降・・未定ですね。

10万円んも再給付も未定ですが・・。

コロナワクチン無料接種 日本でなくても安全か?


ワクチン開発は現在、米英が先行。政府は製薬大手の米ファイザーや英アストラゼネカとの間でワクチン供給を受けることで基本合意済みだ
出典:時事通信社

結局、日本国内のコロナワクチン開発が進んでおらず、早急な対応には、海外のワクチン接種を計画しているということです。

安全性については、どこまでを安全性というのかという議論もあり、断言は出来ません。

なので、不安が広がることになってしまっています。

コロナワクチン無料接種 本当に効くのか?副作用は?

コロナワクチン無料接種。その外国製ワクチンは本当に効くのでしょうか?副作用は無いのでしょうか?


この日、2回目の接種を終えた日本に留学予定の男性(25)は「1回目の接種のときは少し熱が出たけどすぐに下がった。(ワクチンを)打たないよりはましだ」と語る。同社のワクチンは1人2回接種が必要。この施設では、連日数百人が投与を受けているという。
出典:東京新聞

これは、中国で35万人を超える人が投与を受けた際のお話しですが、専門家からはもっと慎重にすべきとの声があがっています。

具体的には、「副作用」などへの慎重さということになります。


一方、コロナワクチンの接種をめぐっては、生涯にわたる免疫を獲得できない可能性も指摘される。このため、政府は来年度予算案で、さらなるワクチン確保に向けた費用を計上する方向だ。その際の自己負担などの在り方については別途、検討する。
出典:時事通信社

中国のワクチンは2度の接種が基本ですが、日本で供給される海外の新型コロナワクチンも同様のようです。

こういった状況で、コロナワクチンに対する国民の不安が出ないこと自体、おかしいかと思われます。

コロナワクチン無料接種への世間の反応

まとめ

政府が発表した、新型コロナウイルスのワクチン接種・国民全員無料の確認をしました。

日本国内の開発が遅れており、外国製のワクチン接種で、かつ、一度では効かない可能性があり、2度目以降の接種については「無料か否か検討中」とのことです。

筆者としては、ワクチン無しで、日頃の対策で乗り切りたい・・そんな思いですが、皆さんはどうでしょう。