ライフハック

【岩手県一関市で巨大なサケツバタケ?】生息地や生える時期や場所はどこ?味は?似てる毒キノコはある?

キノコ採りにはまる人も多い中、よく似た毒キノコを間違って食べてしまい、大変なことになる事件が報告されることがあります。

今回の話題に登場する「巨大キノコ」は食用?かもしれませんが・・。

2021年5月28日、岩手県一関市藤沢町の徳田地内を通る市道沿いで通常の倍もある巨大なサケツバタケ(食用)と思われる巨大キノコが見つかりました。

その大きさに、地元住民も驚いているそうです。

今回見つかった巨大キノコが「サケツバタケ(食用)」だとして、その生息地や生える時期や場所はどこなのか?

食用としての味はどうなのか?

似ている毒キノコはあるのか?

などについて調査してみました。

【2021年5月28日】岩手県一関市で巨大なサケツバタケ?見つかった経緯は?

サケツバタケとおもわれる巨大なキノコが発見されたのは、「岩手県一関市藤沢町の徳田地内を通る市道沿い」でその地域の山林を所有する千葉進さん(71歳)が発見者です。

発見された場所の地図は以下となります。

上記の地図はクリックすることで、拡大が可能なので、周辺の状況をもっと詳しく見ることが出来ます。


場所は千葉進さん(71)=同町徳田字辻道=が所有する山林。28日に草刈りをしていた千葉さんが茶色く大きなキノコが何個も生えているのを発見した。友人の“物知り博士”菊地博さん(72)に見せ、図鑑で調べたところ、モエギタケ科のサケツバタケとよく似ていることが分かった。
出展:巨大キノコに住民びっくり 藤沢・市道沿い【一関】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

あくまでも、

モエギタケ科のサケツバタケとよく似ている

ということで、学術的に確定した情報ではありません。

【2021年5月28日 岩手県一関市で巨大なキノコ】サケツバタケの生息地や生えてる場所はどこ?

岩手県一関市の巨大なキノコがキノコが「サケツバタケ」だとして、「サケツバタケ」とはどのようなキノコなのでしょうか?

生息地や生えてる場所について調査してみました。

「wikipedia」の情報を整理すると、

生息地は?

日本・ヨーロッパ・中国および北米。

日本では、北海道から沖縄県にまで普通に産する。

生えている場所や時期は?

有機質に富んだ路傍や畑地・庭園など、草食動物(ウマ・ウシなど)の糞の上などに生える。

生える時期は、春から初夏と秋。

食べられるのか?

本種は広く食用として利用されている。

食べられるそうです。

しかし、日本では「路傍や畑地などの人里に近い環境に生える」ことから、あまり食用には利用されていないとのこと。

でも、実際、食べてみたらどうなんでしょう?

【2021年5月28日 岩手県一関市で巨大なキノコ】サケツバタケ(食用)の味はどうか?

食用に出来るキノコもいろいろあるようで、先日筆者は、知人から「あわびダケ」なるものをいただきました。ほんのり、アワビらしき香りがしました。

さて、食用のサケツバタケの味や香りはどうなんでしょうか?

「wikipedia」によると、

欧米では、バターソテーとしたり、そのまま焼いて食べると美味

日本では、和風の煮つけなどに用いてもよい

以下は、実際に山で採取して、自ら調理した方の記事です。

料理
  風味に癖が無く味においとも温和です。
  スープや澄まし汁、油いため、鍋物の具、大根おろし和え、  天麩羅、味噌汁などがよろしいかと思います。
出展:サケツバタケ

【2021年5月28日 岩手県一関市で巨大なキノコ】サケツバタケに似た毒キノコはあるのか?

サケツバタケに似た毒キノコはあるのか?

最も注意しないといけない点ですが・・

「wikipedia」によると、


日本では、かさの表面が灰黄褐色を呈し、胞子がやや小さいものを一品種キサケツバタケ(f. lutea Hongo)として区別しているが、欧米では単なる変異型として扱う研究者が多い。サケツバタケと同様の環境下には、コシワツバタケ(Stropharia coronilla (Bull.) Quel.)もときおり発生するが、後者ははるかに小形(かさの径5-6cm程度)で胞子もずっと小さく、つばが星状に裂けない点で簡単に区別することができる
出展:サケツバタケ – Wikipedia

要するに、よく似た毒キノコは無いようだとの所見です。

まとめ

岩手県一関市藤沢町の徳田地内を通る市道沿いで見つかった巨大な「サケツバタケ」と思われるキノコについて、調査してみました。

発見された巨大キノコが本当に「サケツバタケ」なのかどうか確定はされていませんが、天然の植物の出現が地域の話題になり、マスコミも取り上げる事態になりました。

憂鬱なコロナ禍にあって、明るい話題ではあると思いました。