台風情報

≪2020≫台風12号ドルフィン!進路変更で上陸・大雨・強風はいつ?東海・関東から東北まで警戒

世の中の出来事に思う

2020年の台風12号(ドルフィン)ですが、その後、進路が変わりつつ北上しています。

また、当初、接近・上陸時には「温帯低気圧」になるか?と見られていましたが、勢力を保ったまま、日本に近づいて来ています。

現状、東海・関東の沿岸沿いに接近したまま進行するか、上陸するかの二面性の恐れを有しています。

大雨と強風はいつ、何時頃、東海・関東(三重・静岡・神奈川・東京・千葉・茨木)を襲うのか?

また東北地方では?

要警戒の大雨台風の今後についてまとめています。


台風12号は24日から25日にかけて東海地方に接近、または上陸するおそれがあり、気象台は高波などに警戒するよう呼びかけています。

台風12号は発達しながら北上し、次第に進路を東寄りへと変えて東海から関東地方に接近、または上陸するおそれがあります。

また台風の北上に伴い、東海地方は23日の午後から24日にかけて局地的に雷を伴い非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。
出典:CBCテレビ

大雨はまず、三重県からとのことです。

「三重県」予想される雨の量(多い所)
23日午後6時まで:150ミリ
24日午後6時まで:200ミリ~300ミリ
その後も雨量はさらに増える見込み。

台風12号の今後の進路予想図は以下のとおりです。

台風12号進路予想図
出典:CBCテレビ

大雨と強風の警戒時間帯は以下のとおりです。

降水量については以下のとおりです。

愛知・岐阜・三重県の雨量
出典:CBCテレビ

特に要注意と思われる地域などについてまとめると以下の事が言える状況です。

  • 明後日(9月24日木曜日)の午後に関東地方で激しい雨
  • 千葉県と茨城県の沿岸沿いで大雨(※復旧中の千葉県の地域では要警戒)
  • 台風から離れた地域でも風雨が強い
  • 最大瞬間風速で35メートル
  • 秋雨前線の影響による雨台風である
  • 明日午後(9月23日水曜日)から木曜(9月24日木曜日)いっぱいまで続く

台風12号接近中の現状における世間の反応