エンタメ

櫻坂46に改名で欅坂(けやきざか)46 が活動休止のなぜ|解散でなく復活あり?

欅坂46(けやきざかふぉーてぃーしっくす)が、
櫻坂46(さくらざかふぉーてぃーしっくす)へ改名することが
公式に発表されました。

改名アピールの動画▽

改名については何度も報道されていますが、この程、正式に公表となった次第です。

改名の理由は、簡単に言えば、グループが「現状を打破して生まれかわる」事とされています。


改名を発表していた欅坂46が、10月12・13日のラストライブをもって活動休止し、10月14日から「櫻坂46」(さくらざかふぉーてぃーしっくす)として活動することが21日、公式サイトで発表され、あわせてピンクを基調にしたグループロゴを初公開した。
出典:ORICONNEWS

しかし、気になるのは、『ラストライブをもって活動休止し、』というところです。

すると、欅坂46から櫻坂46に「改名」したのに、「欅坂46」というグループは、活動を休止したまま残っているということになるのでは?

なぜ解散終了ではないのでしょうか?その理由は何かについて、調査してみました。

欅坂46が「活動休止」となる理由は何か?

「櫻坂46」への改名によって、「欅坂46」が無くなるのではなく、「活動休止」する理由は何か?

報道では、現状の打破・打開であるとしています。


欅坂46は2015年に結成。デビュー曲「サイレントマジョリティー」が大ヒットするなど勢いに乗ってきた。しかし昨年7月に長濱ねる(22)が卒業、今年1月にはセンター平手友梨奈(19)が脱退するなど次々と主力を欠く事態に。昨年2月「黒い羊」以来、新曲が出せない状態が続いている。新グループで状況を打開する。
出典:スポーツ報知

また、「欅坂46」の改名について、次のように分析されています。


欅坂46が本当の意味で変えなければならない点として、以下が挙げられる。
・センター中心の構成、特定のメンバーのみ注目が集まる体制
・卒業メンバーに対する扱い、ファンへの心配り
・各メンバーのバラエティ番組における姿勢
出典:Waves.

そして、さらに次のように結論しています。


・欅坂46は “解散” でなく “活動休止” を発表した
・平手友梨奈と長濱ねるは欅坂46と同じ、Seed & Flower合同会社に所属

・運営はこれまでメディアを使ってサプライズを起こす事を重視してきたことから、数年後に復活しても不思議ではない
出典:Waves.

このことからすると、将来的に「欅坂(かやきざか)46」に復活の可能性を持たせて「活動休止」としたのではないか、ということになります。

また、卒業メンバーの何らかの形での関与があるのかもしれません。

世間の反応